経理部で働くたかろっぷのブログ

外資系中小企業の経理部で働くサラリーマンの雑記ブログです。自己投資、資産運用、考えていることなどの記録用。

【資産運用】2018年12月の不労所得

takaropです。今年も残すところあと1日になりました。

今年の日経平均株価は20,014.77円で何とか2万円台で終わりましたが、景気というか官製相場が頭打ちになったということを感じさせる一年でした。

米国や欧州が量的緩和を縮小して出口戦略の段階に入っているだけに、経済は調整局面なんでしょうけど、日銀の動きには出遅れ感があるので、今後は日銀が大量に保有しているETFを売るタイミングと日本株への影響が気になるところです。基本、バイアンドホールドなのであまり売買はしたくはないですが。

 

2018年12月の不労所得

2018年12月の不労所得は税引前142,689円でした。(不動産収入は除く)

日本株でTAC、 モーニングスター、コナカとオリックスから配当金を受け取ったのと、REIT関係で上場インデックスファンド豪州リート、米国リートETF、森トラスト総合リート投資法人から分配があったので、先月より配当・分配金は多めでした。

2018年12月 (単位:円)
投資信託 66,998
・ラサール・グローバルREIT 10,937
・短期豪ドル債オープン 1,384
・ワールド・リート・オープン 37,327
・フィデリティ・USリート・ファンドB 7,734
・フィデリティ・USハイ・イールド 9,616
米国ETF 24,269
・PFF 16,056
・HDV 8,213
FX 37,662
・スワップ金利 37,662
日本株 5,050
・配当金 5,050
REIT、インフラ 8,710
・分配金 8,710
合計 142,689

 

不労所得の推移

毎月分配型の投資信託からの分配(というか資本取崩)とFXのスワップで88%を占めますが、1年間を通じて安定的に推移しました。年間の合計は約147万円でした。 

f:id:takarop:20181230003745p:plain